kiji arita 取り皿 A
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

kiji arita 取り皿 A

残り1点

¥2,500 税込

送料についてはこちら

“Kiji” = 生地とは、絵付けや釉薬が施される前の、素焼きのものを指します。 佐賀の有田焼は、今も昔も製造過程に必ず職人の手作業が入り、ディテールが際立ち、質が高いのが特徴的です。しかし残念ながら時代の変化についていけず、倉庫に眠っている生地が存在します。kiji aritaは、いつかは産業廃棄物になるかもしれないこれらの生地を再解釈し、新たな光を当て、循環させてゆくことを目的としたプロジェクトです。 今回は戦後から現代までに作られた生地を使用して、ひとつのテーブルウェアコレクションを作りました。ティーポット、カップ、皿、ボールなど、それぞれデザインされた年代が異なる12形状で構成されています。各製品の裏には、形状がデザインされた年を記載しており、コレクション自体が、有田焼の形状のアーカイブとなってゆきます。 kiji aritaのブラントコンセプトについては、こちらのページにてご覧ください。 https://shibaurahouse.jp/?p=4351&lang=ja デザイナー Sander Wassink / プロデューサー 石澤依子 https://www.instagram.com/kijiarita/ 【サイズ・仕様】 - サイズ / 直径16.5cm、高さ1.9cm、深さ1cm - 主材 / 陶磁器 - 電子レンジ使用可 - 食器洗浄機使用可 - オーブンのご利用はお控えください 【注意事項】 基本的に1点ものか小ロットになります。